スカートのウエストを自分で広げる方法!便利グッズや動画、きつくなった原因と対策も紹介 | ポテトハウス
スポンサーリンク

スカートのウエストを自分で広げる方法!便利グッズや動画、きつくなった原因と対策も紹介

——————————————————————————-

このサイトではアフィリエイト広告を利用しています

——————————————————————————-

生活
スポンサーリンク

今回は、スカートのウエストを自分で広げる方法についてお話しします。私も以前、スカートのウエストがきつくなってしまった経験があります。その時に試した方法や、調べた方法をご紹介しますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

きついスカートのウエストをすぐに広げる対処法

スカートのウエストがきつくて履けないという場合は、すぐにでも対処したいですよね。そんな時に試せる対処法を紹介します。

ボタンやフックをつけないで履く

スカートのウエストにボタンやフックがある場合は、それらをつけずに履くことで、少しでもウエストを広げることができます。ファスナーが全部上がれば問題ありません。上からベルトをすれば、ボタンやフックの部分が隠れて見た目も良くなります。

ヘアゴムや安全ピンを使って調節する

ボタンホールにヘアゴムや安全ピンを通して引っ掛けることで、ウエストを広げることができます。ヘアゴムは伸縮性があるので、締め付け感を軽減できます。安全ピンは針が体に当たらないように注意しましょう。

仰向けに寝て履く

仰向けに寝ることで、重力によってお腹が引っ込むので、ウエストが細くなります。仰向けに寝た状態でスカートを履いてみましょう。ファスナーを上げる時にお腹に力を入れて引っ込めると効果的です。

これらの対処法は一時的なものであり、長期的には不快感や破損のリスクがあります。そのため、本格的なウエストの広げ方も覚えておくと良いでしょう。

ウエスト部分が隠れているスカートのウエストを広げる方法

スカートのウエスト部分がトップスやベルトで隠れている場合は、見た目に影響しないようにウエストを広げることができます。その方法を紹介します。

安全ピンやヘアゴムでフックやボタンの位置を変える:前述した方法ですが、ウエスト部分が隠れている場合は特に有効です。安全ピンやヘアゴムでフックやボタンの位置を端にずらすことで、ウエストを広げることができます。1,2センチ程度が限界ですが、それだけでも違います。

フックやボタンを端に付け替える:安全ピンやヘアゴムでは不安な場合は、フックやボタンを端に付け替えることもできます。針と糸を使って縫い付けるだけなので、比較的簡単にできます。ただし、元に戻すことは難しいので注意しましょう。

ゴムの取り換え口がないスカートのウエストを広げる方法

子供用のスカートやズボンにはよくゴムの取り換え口が付いていますが、大人用にはあまりありません。しかし、ゴムの取り換え口がなくても、自分でウエストのゴムを取り替えることは可能です。その方法を紹介します。

縫い目を解いてゴムの取り換え口を作る:ゴムの入っている部分の縫い目の糸を切って数センチ開きましょう。そこから古いゴムを引っ張り出して切ります。新しいゴムを入れて縫い付ければ完成です。

ゴムを切って伸ばす

ゴムの取り換え口を作るのが面倒な場合は、ゴムを切って伸ばすこともできます。ゴムの入っている部分の縫い目の糸を切って数センチ開きましょう。そこから古いゴムを引っ張り出して切ります。切ったゴムに新しいゴムをつなげて、ウエストに合わせて長さを調節します。つなぎ目はしっかり縫い付けましょう。

ゴムを縫い付ける

ゴムの入っている部分に余裕がある場合は、ゴムを縫い付けることもできます。ゴムの入っている部分の縫い目の糸を切って数センチ開きましょう。そこから古いゴムを引っ張り出して切ります。新しいゴムを入れて、ウエストに合わせて長さを調節します。新しいゴムは古いゴムよりも太めのものがおすすめです。新しいゴムを生地に沿って縫い付ければ完成です。

ゴムの取り換え口がないスカートのウエストを広げる方法について、分かりやすく解説されている動画をyoutubeから探してみました。以下のリンクを参考にしてください。

この動画では、ゴムの取り換え口がないスカートのウエストを広げる方法として、縫い目を解いてゴムの取り換え口を作る方法、ゴムを切って伸ばす方法、ゴムを縫い付ける方法の3種類を紹介しています。それぞれの方法の手順やコツが詳しく説明されています。

この動画では、ウエストにボタンやフックがあるスカートのウエストを広げる方法として、ボタンやフックの位置を端に付け替える方法を紹介しています。また、ベルトループの簡単な作り方も紹介しています。

4. プリーツスカートのウエストを広げる方法

プリーツスカートは、ウエスト部分にプリーツがあるスカートです。プリーツスカートのウエストを広げる方法は、他のスカートとは少し違います。その方法を紹介します。

  • プリーツを切り取ってウエスト部分に足す:プリーツスカートのウエスト部分にプリーツが余っている場合は、それを利用してウエストを広げることができます。プリーツの端から数センチ切り取りましょう。切り取ったプリーツをウエスト部分に足して縫い付ければ完成です。
  • プリーツの間隔を広げる:プリーツスカートのウエスト部分にプリーツが余っていない場合は、プリーツの間隔を広げることでウエストを広げることができます。プリーツの折り目に沿って縫われている糸を解きましょう。解いたら、プリーツの間隔を均等に広げてアイロンで押さえます。広げたプリーツに沿って縫い付ければ完成です。
  • プリーツの幅を狭める:プリーツスカートのウエスト部分にプリーツが余っていなくても、プリーツの幅を狭めることでウエストを広げることができます。プリーツの折り目に沿って縫われている糸を解きましょう。解いたら、プリーツの幅を均等に狭めてアイロンで押さえます。狭めたプリーツに沿って縫い付ければ完成です。

5. スカートのウエストを広げるグッズのおすすめ

スカートのウエストを自分で広げる方法はありますが、手間や時間がかかったり、失敗したりする可能性もあります。そんな時に便利なのが、スカートのウエストを広げるグッズです。おすすめのグッズを紹介します。

スポンサーリンク

この商品は、ファスナーとボタンがついた布製のグッズで、スカートのファスナーとボタンにつなげるだけでウエストを広げることができるベルト式グッズです。最大約5cmまで広げられます。2個セットです。

この商品は、ボタンにかけるだけで簡単にウエストが調整できるボタン式グッズです。ボタンを掛ける位置によって2段階で調節でき、最大約6.5cmまで広げられます。ズボンの色に合わせて使い分けられる5色セットです。
この商品は、ボタンに引っ掛けるだけでウエストを広げることができるピン式グッズです。最大約3cmまで広げられます。4色×2サイズの4組セットです。
この商品は、フックに引っ掛けるだけでウエストを広げることができるフック式グッズです。最大約5cmまで広げられます。ボタンタイプとフックタイプの2種類が入ったセットです。

ウエストアジャスターや補助ボタンなどのボタン式グッズ

スカートのウエストにボタンがある場合は、これらのグッズを使ってウエストを広げることができます。ウエストアジャスターは、ボタンとボタンホールがついた布製のグッズで、スカートのボタンとボタンホールに挟むだけでウエストを広げることができます。補助ボタンは、ボタンに引っ掛けるだけでウエストを広げることができる小さな金属製のグッズです。

ウエスト伸ばしやウエスト調整お直しフックなどのフック式グッズ

スカートのウエストにフックがある場合は、これらのグッズを使ってウエストを広げることができます。ウエスト伸ばしは、フックとループがついた布製のグッズで、スカートのフックとループに挟むだけでウエストを広げることができます。ウエスト調整お直しフックは、フックに引っ掛けるだけでウエストを広げることができる小さな金属製のグッズです。

ウエスト伸ばしベルトやウエスト伸ばしゴムなどのベルト式グッズ

スカートのウエストにファスナーがある場合は、これらのグッズを使ってウエストを広げることができます。ウエスト伸ばしベルトは、ファスナーとボタンがついた布製のグッズで、スカートのファスナーとボタンにつなげるだけでウエストを広げることができます。ウエスト伸ばしゴムは、ファスナーとボタンがついたゴム製のグッズで、同じように使えます。

スカートのウエストを自分で広げるときのよくある質問や回答

スカートのウエストを自分で広げる方法に関して、よくある質問と回答を紹介します。

Q. スカートのウエストを広げる方法は、どれくらいの時間がかかりますか?

A. スカートのウエストを広げる方法は、簡単なものから難しいものまでさまざまです。簡単なものは、数分でできるものもありますが、難しいものは、数時間かかるものもあります。また、スカートの素材や縫製によっても時間が変わります。自分でやる場合は、時間に余裕を持って行うことをおすすめします。

Q. スカートのウエストを広げる方法は、どれくらいの費用がかかりますか?

A. スカートのウエストを広げる方法は、自分でやる場合と、仕立て屋さんやクリーニング店などに依頼する場合とで費用が変わります。自分でやる場合は、針と糸やヘアゴムなどの道具や材料が必要ですが、それらは安価で入手できます。仕立て屋さんやクリーニング店などに依頼する場合は、作業内容や店舗によって費用が異なりますが、数百円から数千円程度が相場です。

Q. スカートのウエストを広げる方法は、どれくらいの効果がありますか?

A. スカートのウエストを広げる方法は、スカートの素材や縫製によっても効果が変わりますが、一般的には1,2センチから数センチ程度のウエストの拡大が期待できます。しかし、あまりにも大きく広げると、スカートの形やバランスが崩れたり、生地が破れたりする可能性があります。そのため、自分のウエストに合ったサイズのスカートを選ぶことが最善です。

スカートのウエストがきつくなる原因と対策

スカートのウエストがきつくなる原因はさまざまですが、主なものは以下の通りです。

  • 体型変化:年齢とともに代謝が低下したり、運動不足や食生活の乱れなどで太ってしまったりすると、ウエストが増えてしまいます。
  • 洗濯による縮み:洗濯機や乾燥機を使うと、熱や摩擦によって生地が縮んだり伸びたりします。特にコットンやウールなどの天然素材は縮みやすいです。
  • 購入時のサイズ選びや素材選びのミス:試着せずに購入したり、サイズ表記に惑わされたりすると、自分のサイズに合わないスカートを買ってしまうことがあります。また、伸縮性のない素材や縫製のしっかりしたスカートは、ウエストが広がりにくいです。

スカートのウエストがきつくならないようにする対策

これらの原因を予防するには、以下の対策が有効です。

  • 体型変化:定期的に体重やウエストを測って、自分の体型に合ったサイズのスカートを選ぶことが大切です。また、適度な運動やバランスの良い食事を心がけることで、健康的に体型を維持できます。
  • 洗濯による縮み:洗濯表示に従って洗濯することが基本です。特に熱や摩擦に弱い素材は、手洗いやネット洗いをすることで縮みを防げます。また、乾燥機は使わずに自然乾燥させることもおすすめです。
  • 購入時のサイズ選びや素材選びのミス:購入前に必ず試着することが重要です。サイズ表記だけではなく、実際に履いてみて履き心地や見た目を確認しましょう。また、伸縮性のある素材や縫製のゆるいスカートは、ウエストが広がりやすいです。

しかし、予防してもスカートのウエストがきつくなってしまうことはあります。そんな時に役立つ、自分で簡単にウエストを広げる方法をご紹介したので参考にしてください

 

スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク
ポテトハウス

コメント