テレビの熱で部屋が暑い対策とは?暑さの原因と対策方法を解説 | ポテトハウス
スポンサーリンク

テレビの熱で部屋が暑い対策とは?暑さの原因と対策方法を解説

——————————————————————————-

このサイトではアフィリエイト広告を利用しています

——————————————————————————-

テレビ台ローボードのおすすめは?大収納 生活
スポンサーリンク

夏は暑い日が続きますが、部屋でテレビを見ていると、テレビから発せられる熱でさらに暑く感じることはありませんか?

テレビは電気を使って動く家電製品なので、必ず熱を発します。特に大型の液晶テレビやプラズマテレビは、消費電力が多く発熱量も高いです。

テレビの熱で部屋が暑くなると、冷房の効果が低下したり、電気代が増えたりするだけでなく、テレビ自体や周辺機器にも悪影響を及ぼす可能性があります。

そこで、この記事では、テレビの熱で部屋が暑くなる原因とメリット・デメリット、そして対策方法について解説します。テレビを快適に楽しみながら、節電や節約もできるようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1. テレビの熱で部屋が暑くなる原因とは?

テレビは電気エネルギーを光や音に変換して映像や音声を出力しますが、その過程で一部のエネルギーは熱に変わってしまいます。これが発熱の原因です。

一般的に、テレビの消費電力が高いほど発熱量も高くなります。また、テレビの種類やサイズによっても発熱量は異なります。

例えば、液晶テレビはバックライトという光源を使って画面を照らしていますが、そのバックライトが発する熱が大きな要因です。特に大型の液晶テレビは画面面積が広い分、バックライトも多く必要になります。

プラズマテレビは画素ごとに発光する仕組みなので、バックライトは必要ありません。しかし、プラズマテレビは画素ごとに高電圧をかけて発光させるため、消費電力が高くなります。そのため、液晶テレビよりも発熱量が高いと言われています。

一方、有機ELテレビは自己発光する仕組みなので、バックライトも高電圧も必要ありません。そのため、液晶テレビやプラズマテレビよりも消費電力が低く、発熱量も抑えられます。

2. テレビの熱で部屋が暑くなるメリットとデメリット

テレビの熱で部屋が暑くなることにはメリットとデメリットがあります。以下にそれぞれを挙げてみました。

2.1 メリット

  • 冬場は暖房代わりになる
  • 湿度が高い時は乾燥させる効果がある
  • テレビの発する赤外線は血行を良くすると言われている

2.2 デメリット

  • 夏場は冷房効率が低下する
  • 電気代が増える
  • テレビや周辺機器の寿命が短くなる
  • 熱中症や脱水症状のリスクが高まる
  • ペットや植物に影響を与える

3. テレビの熱で部屋が暑くならないようにする対策方法

テレビの熱で部屋が暑くなるデメリットを防ぐためには、以下のような対策方法があります。

3.1 テレビの設置場所や向きを工夫する

テレビの設置場所や向きによっても発熱量や放熱効果は変わります。以下の点に注意して、テレビの設置場所や向きを工夫しましょう。

スポンサーリンク
  • 壁や家具との間隔を十分にとる(10cm以上)
  • 直射日光や暖房器具から離す
  • 風通しの良い場所に置く
  • 窓から遠い場所に置く
  • 画面を窓に向けない

3.2 テレビボードやラックに冷却ファンやヒートシンクを取り付ける

テレビボードやラックに冷却ファンやヒートシンクを取り付けることで、テレビから発せられる熱を効果的に排出できます。

冷却ファンは、空気を送り込んだり吸い出したりすることで、テレビボードやラック内の温度を下げます。ヒートシンクは、金属製の板や棒などでできたもので、テレビや周辺機器に貼り付けることで、熱を吸収して放出します。

冷却ファンやヒートシンクは、家電量販店やネット通販で購入できます。取り付け方は、商品によって異なりますが、基本的にはテレビボードやラックに穴をあけて取り付けます。自分で取り付けるのが難しい場合は、専門業者に依頼しましょう。

3.3 テレビの使用時間や消費電力を抑える

テレビの使用時間や消費電力を抑えることで、発熱量も抑えられます。以下の方法で、テレビの使用時間や消費電力を抑えましょう。

  • 見ていない時は必ず電源を切る(スタンバイ消費電力も発熱の原因)
  • 省エネモードや節電モードを利用する
  • 画質や音量を適切に調整する(明るさや音量が高いほど消費電力が増える)
  • 必要以上に大きなサイズのテレビを選ばない(サイズが大きいほど消費電力が増える)

テレビ以外の家電製品も発熱対策をする

テレビだけでなく、パソコンやゲーム機などの家電製品も発熱の原因になります。特にテレビと一緒に使う周辺機器は、テレビの発熱によってさらに熱くなりやすいです。

そこで、テレビ以外の家電製品も発熱対策をすることが重要です。以下の方法で、家電製品の発熱対策をしましょう。

  • 使用しない時は必ず電源を切る(スタンバイ消費電力も発熱の原因)
  • 風通しの良い場所に置く
  • 冷却ファンやヒートシンクを取り付ける
  • 省エネモードや節電モードを利用する
  • 画質や音量を適切に調整する

4. まとめ

テレビの熱で部屋が暑くなる原因とメリット・デメリット、そして対策方法について解説しました。

テレビの熱で部屋が暑くなると、冷房効率が低下したり、電気代が増えたりするだけでなく、テレビ自体や周辺機器にも悪影響を及ぼす可能性があります。

そこで、テレビの設置場所や向きを工夫したり、冷却ファンやヒートシンクを取り付けたり、テレビの使用時間や消費電力を抑えたりすることで、発熱量を抑える対策をしましょう。

また、テレビ以外の家電製品も発熱対策をすることが重要です。家電製品の発熱対策をすることで、節電や節約だけでなく、快適な室内環境を保つことができます。

スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク
ポテトハウス

コメント