エシャレットの葉っぱの食べ方は?生食できる?

エシャレットの葉っぱの食べ方は?生食できる? 食べ物

エシャロットは生食できますが、どこまで食べることができるのでしょう?結論からいうと、白い根の部分だけではなく葉や皮も食べることができます。

新鮮なうちは、実も葉も生食できます。少し硬くなってきても、火を通せば実も葉もおいしく食べることができます。

スポンサーリンク

エシャレットの葉っぱの食べ方は?生食できる?

らっきょうは生ではとてもじゃないけれど辛くて食べることができません。ですが、若採りしたらっきょうの「エシャロット」は、らっきょうの辛味をマイルドにしてクセの少ないです。

そのため、実も葉っぱも、生食でも食べることができます。今回の記事では、日本のエシャロットの紹介をしています。

エシャロットは主に白い実の部分を食べるイメージがあります。ですが、葉や皮もおいしく食べることができます。ヒゲ根っこのギリギリ上のところまで、全部食べることができます。

根の白い部分と葉の部分は食感が全く違いますし、火の入り具合が変わってくるので、調理は別にした方がおいしいです。皮は生でも食べることができますが、葉は加熱した方が食べやすいです。

2~5月の旬の時期は柔らかいので、新鮮で柔らかなうちは葉も生でも食べることはできます。

エシャロットの葉は、しっかりと加熱する料理がおすすめです。しおれてくると少し硬くなるので、天ぷらやかき揚げのように油で揚げると少し甘みもでます。固めの衣をつけることで、しっかりと絡みます。ゆでて酢味噌で和えるのもおすすめです。
みじん切りにして、チャーハンに入れると子どもでも食べることができます。
生のままみじん切りにして冷ややっこの薬味にしても良いですし、味噌汁に入れてもおいしいです。例えると、青ネギのイメージです。

Twitterでおいしそうなレシピを見つけました。これから暑くなる季節にもってこいですね。

エシャロットの収穫時期

エシャロットはハウス栽培されていることが多くて、スーパーなどで通年通して見かける野菜の一つです。ですが、実はプランターなどでも栽培が簡単なので家庭栽培に向いています。

エシャロットを家庭栽培をする場合は、秋に新球を植えます。耐寒性がとっても強いので、寒い地方でも栽培することができます。翌年の3月~4月下旬ころに収穫できます。

スポンサーリンク

葉が青く柔らかいうちが収穫適期です。葉が枯れてしまうにつれて可食部分も固くなってしまいます。エシャレットは、たとえ葉や根を取り除いてもしばらく成長し続けます。

来年用の種にしようと思うなら、その分をまとめてネットにいれて、風通しの良い場所でつるして保存しましょう。食用目的のものは、早めに食べきらないと辛味が出てきてしまいます。

できるだけ早めに食べきるのが理想ですが、残ってしまいそうなら漬物などにしておくことをおすすめします。

エシャロットの保存は、基本的に常温保存できます。涼しい冷暗所で約2週間は保存できます。ポイントはエシャロットが乾燥しないように皮をはがさないまま保存することです。

ですが夏場は傷みやすいので、常温保存よりも冷蔵、冷凍をおすすめします。冷蔵庫の野菜室保存にすると、約1週間ほどです。新聞紙やキッチンペーパーなどで一つずつエシャロットを包んで、ビニール袋にいれましょう。

冷凍保存すれば、実の部分は約1カ月日持ちします。冷凍する場合は、エシャロットの皮を剝ぎ、ラップで包みます。ジッパー付きの保存袋に入れて冷凍します。

ただ、葉の部分は冷凍でもあまり日持ちはしませんので、できるだけはやく使い切ることをおすすめします。実も葉も、あらかじめみじん切りにしておいたり、カットしておくと、解凍後の調理がしやすいです。

常温・冷凍・冷凍以外の保存方法でおすすめなのは、マリネにして酢に漬け込む方法です。リンゴ酢3はちみつ1の割合で混ぜたものに皮を剥いで食べやすく切ったエシャロットを漬け込むだけです。とっても簡単にできますので一度試してみてください。

 エシャロットとエシャレットの違いは?

エシャロットは世界で広く認知されているのは、フランス料理などに使う玉ねぎの一種のものです。茶色い薄皮がついていて紫の果肉です。

日本でいわれているエシャロットはそれとは別物で、生食用に栽培された若採りらっきょうのことです。世界で広く認知されているエシャロットと日本で言われているものは、見た目も味も全然違います。

今は、世界で認識されているエシャロットも日本に流通されてきているので、日本のらっきょうの方は、エシャレットとも呼ばれていることもあります。

まとめ

スーパーで見かけたことはあるけれどなじみが浅かったり、あまり見たことがない野菜はどう調理して良いのかわからず、買うのをためらってしまうこともあります。

エシャロットの実の部分だけ食べて、残りは捨ててしまっていた!という方もおられたかもしれません。エシャレットは、実も葉も食べることができるので、いろいろ調理してみてほしいと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました