牛バラとロースどっちが美味しい?お得?値段比較、カロリー、レシピ、選び方 | ポテトハウス
スポンサーリンク

牛バラとロースどっちが美味しい?お得?値段比較、カロリー、レシピ、選び方

——————————————————————————-

このサイトではアフィリエイト広告を利用しています

——————————————————————————-

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

牛バラとロースどっちが美味しい

牛バラとロースどっちが美味しいかは、好みや料理方法によって異なります。
脂肪が多くてコクのある味わいが好きな人は牛バラを、筋肉が多くて上品な味わいが好きな人は牛ロースを選んでください。
また、料理方法によっても牛バラとロースのおいしさが変わります。例えば、牛バラは煮込むと脂がとろけてシチューにぴったりですが、ロースは煮込むと固くなってしまいます。
逆に、ロースは焼くと肉汁があふれるステーキにぴったりですが、バラは焼くと脂が落ちてしまいます。
そのため、牛バラとロースをそれぞれの特徴に合わせて料理することで、最高のおいしさを引き出すことができます。

牛バラとロースはどっちがお得?値段比較

牛バラとロースの100gあたりの値段を主要ネットスーパー6社と比較して安い順に表にまとめました。どちらが安くてお得なのか結果をお伝えします。

ネットスーパー 牛バラ 100gあたりの値段 牛ロース 100gあたりの値段
業務スーパー 114円 129円
楽天西友ネットスーパー 179円 269円
Amazonフレッシュ 198円 298円
イオンネットスーパー 200円 300円
オイシックス 250円 350円
ヨシケイネット 300円 400円

結果から言うと、牛バラも牛ロースも業務スーパーが最も安くてお得です。次に安いのは楽天西友ネットスーパーです。一方、最も高いのはヨシケイネットです。値段だけでなく、品質やサービスも考慮して、自分に合ったネットスーパーを選んでください。

 

美味しい牛バラとロースの選び方

牛肉は、部位によって味や食感が大きく異なります。特に、牛バラとロースは、脂肪や筋肉の割合、食べ応えや口当たり、味や香りなどで違いがあります。

美味しい牛バラとロースを選ぶには、以下のポイントに注意しましょう。

色:美味しい牛肉は鮮やかなツツジ色をしています。カットされた牛肉を選ぶときは、できるだけ鮮やかな色を選びましょう。牛肉はカットして空気に触れると一度真っ赤になり、徐々に黒くなります。黒くなった牛肉は鮮度が落ちています1。
脂:美味しい牛肉は脂が白くてきめ細かく、赤身と均等に入っています。脂が黄色くて粗い場合は、品質が低いか古い可能性があります1。また、脂の量や質は部位によっても異なります。脂が多くてコクのある味わいが好きな人は牛バラを、筋肉が多くて上品な味わいが好きな人は牛ロースを選んでください。
部位:牛肉は一つひとつの部位がとても大きいので、同じ部位でも赤身から霜降りまでさまざまに細分化されます。料理方法によっても牛バラとロースのおいしさが変わります。

例えば、牛バラは煮込むと脂がとろけてシチューにぴったりですが、ロースは煮込むと固くなってしまいます。逆に、ロースは焼くと肉汁があふれるステーキにぴったりですが、バラは焼くと脂が落ちてしまいます2。そのため、牛バラとロースをそれぞれの特徴に合わせて料理することで、最高のおいしさを引き出すことができます。

スポンサーリンク

牛バラとロースのカロリー比較

牛バラとロースは、カロリーや栄養素も異なります。以下の表は、100gあたりのカロリーや栄養素を比較したものです

部位 カロリー たんぱく質 脂質 コレステロール
牛バラ 386kcal 14.5g 35.5g 70mg
牛ロース 240kcal 19.8g 17.9g 60mg

表からわかるように、牛バラは牛ロースよりもカロリーや脂質が高く、コレステロールもやや多いです。一方、牛ロースは牛バラよりもたんぱく質が多く、カロリーや脂質が低いです。カロリーや脂質を気にする人は牛ロースを、たんぱく質を摂りたい人は牛バラを選ぶとよいでしょう。

牛バラのおすすめの食べ方

ブリスケット:シチューやカレーなどの煮込み料理に。脂身がとろけて柔らかい食感を味わえます。
三角バラ:焼き肉や鍋などに。霜降りが豊富でジューシーな味わいを味わえます。
カイノミ:ステーキや焼き肉などに。赤身系でやわらかく上品な味わいを味わえます。

牛ロースのおすすめの食べ方

肩ロース:すき焼きやしゃぶしゃぶなどに。適度な脂身と濃厚な味が味わえます。
リブロース:すき焼きやステーキなどに。細かな霜降りと柔らかい肉質が味わえます。
サーロイン:ステーキやローストビーフなどに。最高級の脂と肉のうまみが楽しめます。

牛バラとロースはどこの部位

牛バラとロースは、牛の「ロイン」という部位から切り出される肉です。
ロインは、背骨に沿って「ロース」と「ヒレ」に分かれます。
ロースはさらに、「肩ロース」「リブロース」「サーロイン」という三つの部位に細分化されます。
牛バラは、腹部にある「バラ」という部位から切り出される肉です。
バラはさらに、「ブリスケット」「三角バラ」「カイノミ」という三つの部位に細分化されます。
牛バラとロースは、脂肪や筋肉の割合、食べ応えや口当たり、味や香りなどで違いがあります。

牛バラとロースの美味しい焼き方

牛バラとロースは、焼き方によってもおいしさが変わります。以下の方法で焼くと、それぞれの部位の特徴を最大限に引き出すことができます。

牛バラの美味しい焼き方

煮込み:牛バラは脂が豊富で柔らかい肉なので、煮込むと脂が溶け出してジューシーでコクのある味わいがあります。シチューやカレーなどの煮込み料理におすすめです。煮込む時間は、肉に竹串がスッと通るくらいまでで、約1時間程度です。
焼き肉:牛バラは霜降りが豊富でジューシーな味わいを味わえる部位なので、焼き肉にもぴったりです。特に三角バラは高級感のある霜降りで人気の部位です。焼き肉では、強火でさっと両面を焼くだけで十分です。焼きすぎると脂が落ちてしまうので注意しましょう。

牛ロースの美味しい焼き方

ステーキ:牛ロースは筋肉が多くてやわらかい肉なので、ステーキに最適です。肉本来の旨みや風味が強く感じられます。ステーキでは、中火でじっくりと両面を焼きます。好みの焼き加減によって時間は異なりますが、目安は以下の通りです。
レア:片面2分
ミディアムレア:片面3分
ミディアム:片面4分
ウェルダン:片面5分以上
すき焼き:牛ロースは細かな霜降りと柔らかい肉質が特徴なので、すき焼きにもおすすめです。甘辛いタレと卵に絡めて食べると絶品です。すき焼きでは、鍋に油を引かずに肉を敷き詰めて強火で炒めます。肉に火が通ったらタレを加えて煮立たせます。

スポンサーリンク
食べ物
スポンサーリンク
ポテトハウス

コメント