冷凍ピラフをお弁当に入れても大丈夫?自然解凍で安全に食べる方法

冷凍ピラフ お弁当 大丈夫 生活

お弁当は常温で置いていることが多いので、特に夏場は傷んでしまわないか気になります。特に、夏のお弁当には入れてはダメと言われるものなら、なおさらです。

冷凍ピラフをお弁当に入れては傷んでしまうでしょうか?結論から言うと、お弁当に入れても大丈夫です。ですが、傷まないように対策は必要です。一番大事なことは、しっかりと冷ましてからお弁当に詰めることです。

スポンサーリンク

冷凍ピラフをお弁当にいれても大丈夫?

冷凍ピラフはお弁当に入れても大丈夫かというと、結論からいうと大丈夫です。冷凍ピラフは解凍してお弁当に詰めると固くなってしまうことがあります。

それはきちんと冷めないままお弁当に詰めている場合に多いです。電子レンジでチンして、しっかり冷ましてから詰めると、固くなるのをふせぐことができます。

ピラフもそうですし、他にもお弁当に不向きと言われるチャーハン、炊き込みご飯、煮物、卵にマヨネーズ…などお弁当に不向きと言われることがあります。ですが、すべて避けてお弁当を入れていたら、入れるものがいつも同じになってしまいそうです。

お弁当に不向きと言われるのは、食中毒のリスクを避けるためです。食中毒の原因菌は25~37℃で活動が最も高くなります。日本は菌が好きな湿度も高いので注意が必要です。

自然解凍のピラフを安全に食べるには

そのため、お弁当の容器は清潔を心掛け、詰める前に熱湯をかけて消毒して乾かしたり、口に入れて大丈夫なアルコールスプレーを容器に吹き付けておくことも一つです。

今は百均でも100枚入りの手袋が売っているので、詰めるときにはそれらを使って素手で食品に触れないようにして、手についている常在菌の影響が減らします。おにぎりを作るときも、ラップを使うことをお勧めします。

冷ましてからお弁当箱に詰めた方がよい理由は、十分冷めないままお弁当に詰めると、詰めた後に着いた水滴が湿度を上げてしまい雑菌が繁殖しやすくなるためです。

また、お弁当は常温で置いていることも多いので、保冷剤で冷やすなど傷みにくいような対策もしておきましょう。

私は息子が小さなときは、ひとくちサイズの小さなゼリーを凍らせて、お弁当に入れる保冷剤代わりにしていました。食べるときには、普通のゼリーに戻っています。冷凍ゼリーは、アイスを食べるよりも低カロリーなのに満足できますので、夏場はおすすめです。

ゼリーが自然解凍される過程で出る水滴が、他の食品にかからないようにラップで包んでおくことをおきましょう。食べる前には職場などでレンジがある環境なら、チンするのも良いですね。その場合は、ゼリーはのけておきます。

ちなみにチャーハンについても書いたので良かったら読んでください。意外なことがわかって面白かったですよ!

冷凍チャーハンは自然解凍して食べられる?美味しい食べ方も解説!
忙しい平日の朝に、毎日のお弁当作りはとっても大変! そんな中、冷凍食品はなんてありがたいですよね。最近の冷凍食品のおかずは、そのまま入れるだけでOKのモノがたくさんありますがチャーハンはどうでしょう?自然解凍OKでしょうか? 結論から...
スポンサーリンク

私は、息子が学校なのでチンして食べる環境にありません。そのため、勤務先にはレンジはあるけれどあえて温めずに食べています。息子と同じ状況に置かれたお弁当を食べることで、お弁当の状態を見ています。

万が一、傷んでる!となった場合、息子の方が昼休みの時間は遅いので、連絡するなり、職場から近いので昼抜けしてコンビニで買って持っていこうと思ってはいます。ですが、今のところ夏場でもそのような事態になったことはありません。

冷凍ピラフお弁当に合うおかず

冷凍ピラフをお弁当に入れるだけでも、お弁当ですが、ピラフだけというわけにもいきません。見た目にも、開けたときのワクワク感にもおかずは入れたいですね。冷凍ピラフには揚げ物のおかずが合います。

子どものお弁当なら、チキンナゲットやエビフライ、唐揚げなどがおすすめです。特にチキンナゲットにケチャップの組み合わせは間違いなしですね。

冷凍チキンナゲットもおいしいですし、ピラフもナゲットも朝にチン!すれば、楽にお弁当が出来上がります。人参シリシリやゆでたブロッコリーなどで彩りも鮮やかにすると蓋を開けたときに気持ちが上がります。

幼稚園のお弁当に子どもが喜ぶ冷凍チャーハン

子どものお弁当の主食は、おにぎりも喜ぶけれど、チャーハンやピラフも喜びますね。細かくした野菜も、それなら食べてくれることもあります。

手作りのチャーハンもおいしいですけれど、お米を炊くのを忘れたときに強い味方になってくれるのも、冷凍チャーハンです。おかずの種類が少ないときにも、チャーハンにすれば米の割合を増やすこともできます。

息子のお弁当に時々冷凍チャーハンを入れますが、その時のおかずは卵焼きとウインナーやミートボールなどを2:8くらいの割合で入れています。オムライスの時も、そぼろごはんの時も同様におがず:主食が、2:8くらいの割合で主食がっつりです。

でも、お子さんのお弁当なら毎日のことですし、時には手抜きで冷凍食品を使うくらいの方が、気楽に続けることができるのではないでしょうか。

私は休日にできるだけおかずの作り置きをして、小分けにして冷凍しています。それを朝、必要な分だけ解凍してお弁当に詰めています。そこに、自然解凍するタイプの冷凍食品を保冷剤代わりに入れています。

息子は、私の作るお弁当のおかずで好きなもの上位、は悲しいことにすべて冷凍食品です。もう、すべて冷凍食品にしてやる!と思ってしまいますね。

まとめ

冷凍チャーハンはお弁当に入れても大丈夫ですが、お弁当に入れるときは、レンジで解凍して十分冷ましてから入れるようにしましょう。傷まないように、保冷剤を入れたり、容器を清潔に保ったりなどの対策も十分行いましょう。

夏場は気温が高いですし、冷蔵庫のない場所で保管するときは特に注意が必要です。対策をしっかりして、おいしくお弁当を食べましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました