NHKにテレビ受信がバレるのはB-CASカードから?悪用させない方法

NHK 受信 ばれる B-CAS 生活

テレビのどこかに、赤っぽい色をしたB-CASカードが刺さっているのはご存じでしょうか?そのB-CASカードから個人情報がNHKに流れてしまって受信していることがNHKにバレてしまうことはあるのでしょうか?

結論からいうと、B-CASカードからはNHKに受信しているかどうかはわかりません。

スポンサーリンク

NHKにテレビ受信がバレるのはB-CASカードから?

B-CASカードを差し込まないと、地デジ放送は映りません。B-CASカードは大事なもので、放送番組の著作権の保護や有料放送、データー放送の双方サービスなどに必要なICカードです。

簡単に言うとB-CASカードは、有料放送を管理する役割があります。CS放送などは見ないからいらないのかと言えばそうではなく、今のテレビはすべてのテレビに衛星放送のチューナーが内蔵されているためB-CASカードは必要です。

ICカードということで、このカードから個人情報が盗まれたり、NHKに個人情報が流れて受信料を請求されるなどということは全くありません。有料放送に対して制限するカードのため、NHK受信料とは全く関係はありません。

もし、NHK受信料を支払っていなかったとしても、B-CASカードから情報は流れることはありません。NHK受信料を払っていようとなかろうと、テレビを購入すればB-CASカードの認証はできます。

新しくテレビを購入しB-CASカードをテレビに挿入すると、「NHKカスタマーセンターへ連絡します」 という案内が画面に表示されますが、気にしなくて大丈夫です。そのまま無視して視聴することができます。

万が一、NHKの訪問契約員から、「B-CASで受信を調べているから受信していることはバレている。受信料を払ってください」などと言われたとしても、それはでまかせです。

B-CASはテレビを見るのに必要なものなので、もしかしてデータをNHKが把握していることもあるのではないか?バレているなら払おうか…という気持ちを狙っているだけです。

B-CASカードを悪用しない・させない

最近の4KテレビはB-CASカードが同梱されていない場合があります。そのようなテレビは、テレビをアンテナに接続して電源を入れたら無料放送が視聴できます。

これは、ACASというチップが内蔵されているためB-CASカードが必要なくなったのです。以前、B-CASカードを不正改造したカードが流通して、その流通が止まらないので始まった新方式です。

スポンサーリンク

B-CASカードの不正利用は、逮捕者も出ています。不正カードは使用しないようにしましょう。

テレビを譲渡や中古で販売するときにB-CASカードもつけても大丈夫でしょうか?答えは、NOです。B-CASカードを付けたまま譲渡したり販売することは禁止されています。譲渡する場合は、B-CASカードは抜いた状態で渡すことをお勧めします。

譲渡された人は、B-CASカードのない状態のテレビをもらうので、そのままでは視聴することはできません。そのため、B-CAS社のホームページにアクセスして、有料で再発行をして申し込みましょう。2,160円で、着払い書留で届きます。

B-CASカードはDVDデッキにも挿入されています。そのため、DVDデッキが故障して破棄する場合B-CASカードをB-CAS社に返品するか、金色のICチップ部をハサミで切って破棄しないといけません。

クレジットカードのように、半分に切れば良いということではないので注意が必要です。テレビにしてもDVDにしても破棄した場合は、B-CASカードの情報を解約することも必要です。

テレビをAmazonで購入するとNHKにバレる?

今は電化製品もネットで購入することができます。店頭で購入するよりもポイントがついたり、安かったりもします。交通手段がなく家電量販店などに行きにくい場合は、ネット購入が便利です。

Amazonでテレビを購入した場合、その情報がAmazonから流れてしまってバレてしまうことはあるのでしょうか?結論を言うと、Amazonで購入してもその情報がNHKに流れてバレることはありません。

NHKの受信料を払わないといけないのは、放送を視聴できるかです。そのた目、アンテナをつなげずにテレビを設置しただけでは無料放送を視聴できません。

ゲーム使用や動画配信の視聴のみに利用する場合はNHK受信料は払う必要がありません。そのような目的でテレビを購入する人もいますので、テレビを購入=NHK受信料支払わないといけないというものではないのです。

まとめ

テレビを購入したときに同梱されているB-CASカードの情報からNHKにバレることはありません。動画視聴を大きな画面で見たいからテレビを買いたいけれど、そのためにNHK受信料を払うのは嫌だと思っている場合は、安心してテレビを購入して大丈夫です。

持っているテレビを手放すときは、B-CASカードはハサミで金色の部分を切り、キチンと廃棄して悪用されることを防ぎましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました